国際バレエアカデミア
〒151-0071 東京都渋谷区本町6-34-11
TEL: 03-3377-7764

新しい進化へ ~国際バレエアカデミア

Image Alt

ペトルウシュカ

  /    /  ペトルウシュカ

ペトルウシュカ

1911年、パリ・シャトレ座劇場においてディアギレフのバレエ・リュスによって初演されました。1944年、ライセアム劇場において6月15日~18日まで上海バレエ・リュスがオリエント初演を果たし、この時に小牧正英は主役を踊り、フランスの評論家クロスボア氏により賞賛をあたえられ、一躍小牧の名前が知れわたりました。
日本初演は世界初演から39年後、文部省助成芸術祭公演として1950年11月17日~27日まで有楽座において上演されました。この有楽座での公演はマチネーを加えて11日間21回の長期にわたり、観客動員数104%の記録を残し、連日満員で賑わい、今では考えられないロングラン上演となりました。戦後のバレエ・ブームを起こした作品でもあります。日本初演以来引き継がれ数多くの賞を受賞し、200回以上上演され、日本バレエ史に残っています。1979年、NHK主催、小牧正英演出・振付によりNHKホールで上演し全国放映されました。前団長・菊池唯夫が引継いで1988年、1992年に上演してきました。回を重ねるごとに洗練され完成度が高くなるのは当然です。
2011年の小牧正英生誕100年記念公演(文化庁助成)で絶賛されました。